かに本舗

かに本舗の解凍方法は?

更新日:

ずわいがにの解答方法、さばき方、食べ方

解凍方法を確認する
かに本舗は基本的にネット専門のショップ。PRにも力を入れていて、YouTubeにも専門のチャンネルを設けています。

そこには「ずわいがにのさばき方、食べ方」という動画もアップされています。

見てみると、まずカニの解凍方法が紹介されていて、それによると——

・食べたい分だけ冷凍庫からカニを取り出す。
・甲羅が下にくるように裏側にして皿に置く。
・皿のまま冷蔵庫に置いて解凍する。

という方法が1番いいようです。

さらにさばき方ですが、まず足をキッチンバサミあるいは包丁で切り離します。

ズワイガニの場合、足の付根に柔らかい関節があるので、そこに刃を入れれば簡単とのこと。

さらに胴体部分の底部、俗に「ふんどし」と呼ばれている部分を切って取り外します。

その空洞になった部分に親指を入れ、裏と表部分を分離。そして肩肉部分(甲羅ではないところ)に残っているカニ味噌をスプーンなどで甲羅へ移します。

こうして甲羅が器になり、カニ味噌が食べやすくなるわけです。

次にズワイガニのエラ部分である「ガニ」をハサミで除去。そして肩肉を半分にし、縦にハサミを入れて水平に切り分けます。足の付根をさらに少し切ると、身が取り出しやすくなります。

肩肉はカニ味噌にあえるのもよし、チャーハンやカニ玉の具にするのもよしで、自由に使って構いません。

カニ味噌も肩肉同様、そのまま食べることもできますが、日本酒を加えて「甲羅酒」という変わった食べ方をするのも通らしくて良いそうです。

次に脚肉の処理。脚の関節を3つに切り分け、殻をむきやすくします。さらに脚を立たせて真ん中に包丁を入れ、垂直の切れ目を作ります。さらに逆の方法に立たせて切れ目を広げることで2つに分離。これで肉が食べやすくなります。

続いて爪先につながるナンバンと呼ばれる部分。爪を切った後、脚肉と同じように真ん中に包丁を入れ、さらに逆の方向から包丁で切って2つに分離します。

最後に爪です。関節部分を切り離し、片側をハサミで切っていきます(かなり硬いので作業には注意が必要)。関節部分に近づいたら切るのをやめ、別の所を同様に切ります。そしてその2つをつなげることで、身を切らないように殻を切り取ります。

爪先も同様に2ヶ所に切れ目を入れ、肉をそのまま残しながら殻を切り取ります。

これで処理は完了。大皿に並べれば、食べやすいズワイガニの一品となります。

コツさえつかめば手順は難しくないので、ぜひ動画を参考にしながらやってみて下さい。

カニの部位とその味

カニは、食べられる部分が多いためなのか、それぞれ細かく名称がつけられています。

親爪

カニの大きな爪を親爪と呼びます。これは他の動物などもそうですが、よく動かす部位というのは身がしまっていて美味しいものです。この親爪も常に動かされるために筋肉がよくついていて、ぷりぷりしています。旨味はカニの部位の中でも抜群でしょう。

肩肉

ここもよく動く部位なので旨みはたっぷり。ただ硬い関節が取りにくく、食べにくいところでもあります。煮込めばよいダシが出るので、面倒くさくて食べられない場合、だし汁に使用すればその旨味が十分味わえます。

棒肉

ハサミと甲羅をつなぐ二の腕のような部位です。カニ肉といえばこの部分を思い浮かべる人が多く、食べやすさも抜群。最近では殻をむき、ポーションとして売られることが多いようです。プリプリしていて、もちろん旨味たっぷり。人気の点でナンバーワンといえます。

ナンバン

足の爪先と棒肉の間の部分。細い部位で身は少なく、食べにくくなっています。ただ、味は上品で、マニア向けの繊細な味わいといえます。

-かに本舗

Copyright© 『本当に効いた!かに本舗の口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.