かに本舗

かに本舗の店舗について

更新日:

かに本舗によるカニの買い付け

買い付ける
かに本舗では、通常のルートである「卸」「仲卸」という問屋を通さず、直接アラスカで買い付けを行うことで、安い値段での提供を実現しています。

その買い付けがどのようなものなのか、その様子を公式サイト上で公開しているので紹介してみます。

社長と社員たちが向かった先はアラスカ州のシトカという港町。その行程は、伊丹(大阪)→成田空港→シアトル→ケチカン(アラスカ州)→シトカ(アラスカ州)というもの。

総移動距離は直線距離にして6,430キロメートル。目的地のシトカまでは26時間に及ぶ長さです。

YouTubeにアップされた動画で見ると、シトカはどんよりした重い雲が陰鬱に垂れ込める港町。大きな岩を思わせる山が海岸近くに威圧するようにそびえていて、いかにも極北地帯、という雰囲気です。気温も氷点下14度とのこと。

ここまで社長と社員たちが来たのは非常に大型のズワイガニが捕れる、と聞きつけたからです。社長たちはわざわざカニ漁の漁船に乗り込んで、どれだけの漁獲量があるのかチェック。

確かに噂通り大きなカゴいっぱいのズワイガニが水揚げされています。カゴの中のカニたちは全部ひっくり返されているのですが、これはあまりに活きがいいために表を向けるとすぐに逃げ出してしまうため。鮮度を保つために海水が絶えずカゴに注がれています。

社長によると、よい身入りがあるかどうかは「足の付根が柔らかくないか、甲羅が柔らかくないか、などで分かる」とのこと。

さらにカニビル(ヒルの1種)の卵が付着していたり、甲羅が汚れているカニは、脱皮してから時間が経過しているため、身入りがいいんだそうです。

動画では続いてシトカの加工場での選別作業が映されていますが、非常に清潔かつ近代的な工場での作業で、衛生的にも安心できます。鮮度の管理もダブルチェックが行われていて、品質統一のための気配りは十分です。

社長もライン作業に参加し、カニを選別。こうして現場の様子をよく知ることで、いいカニが選べるわけです。

さらにゆでたカニを切った断面図で隙間をチェック。身入りを改めて確認します。ここで試食。大変繊維質が強いカニであることが分かりました。

水揚げされる現地まで行くのは手間ひまがかかって想像以上に大変でしょう。こうして動画でその様子が分かるとその品質を吟味していることも納得でき、安心して注文できる気がします。

購入者の意見を取り入れ、改良を進める

かに本舗ははるばるアラスカなどのカニ漁場まで社長自ら出向き、直接買い入れ。そのことで他では真似できないリーズナブルな価格を実現しています。

またその他に購入者の意見を細かくフィードバック。商品の改良に取り入れています。

例えば、「もっとサイズの大きなカニが欲しい」との声に応え、カナダでの買い入れをやめてさらに大型のアラスカ産に変更。

また、「ハーフカットは殻に身がくっついて食べにくい」との意見には、爪や爪下などの部分をあらかじめ剥いておき、より食べやすいように改良。

そして「宅配容器である発泡スチロールの箱が処分に困る」という声に、包装箱を独自に開発。発泡スチロールとダンボールを組み合わせ、簡単に分離できる構造にしました。

このようにかに本舗では購入者の意見を多く取り入れることで商品の品質を年々高めています。そのことがさらに高評価を呼び、売り上げの倍増につながっているのです。

-かに本舗

Copyright© 『本当に効いた!かに本舗の口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.