かに本舗

かに本舗のカニはボイルされている?

更新日:

どちらがいいのか?

生とボイルではどちらがいいのか?

通販サイトでは、カニは「生」と「ボイル」の両方で販売されています。

「どちらがいいのか?」とつい考えてしまいますが、それは食べ方によって異なります。一般には、カニ鍋なら生のもの、そのまま食べるならボイルガニがいい、とされているようです。

生カニに合った料理法は、カニ鍋のほかにもカニしゃぶ、焼きガニなどがあり、美味しい出汁が味わえるところが1番のメリット。

一方、ボイルガニのメリットは何といっても手軽にカニがいただけること。3杯酢やポン酢で食べると味も格別です。

かに本舗では、生カニに関して——

・鍋用のむき身カット
・かにしゃぶにピッタリの脚肉むき身
・カニ鍋、焼きガニが楽しめる殻つき
・生のかにを味わえるお刺身用

などがそろっているので、用途に合わせた選び方ができます。

またボイルガニも——

・殻むきがいらないボイル半むき身
・お買い得なボイル肩脚
・見た目でも満足できる姿ガニ

などをそろえてあります。

カニは色々な味わいが楽しめるのが魅力。その時の気分で好きなものを選んでみましょう。

動画を見れば、ずわいがにも簡単にさばける

かに本舗は基本的にネット通販のショップで、PRにも力を注いでいます。

公式サイトはもちろん、YouTubeにも専門のチャンネルを設けていて、そこには「ずわいがにのさばき方、食べ方」という動画がアップされています。

見てみるとタイトル通りの内容で、まずカニの解凍方法が詳しく紹介されています。それによれば——

・冷凍庫から食べたい分だけカニを取り出す。
・裏側にして(甲羅が下にくるように)皿に置く。
・皿のまま冷蔵庫に入れて解凍する。

という方法が1番いいそうです。

続いてさばき方——。まずキッチンバサミか包丁を使って足を切り離します。

ズワイガニの場合は足の付根部分に柔らかい関節があるので、そこで切り取るようにすれば簡単とのこと。

さらに俗に「ふんどし」と呼ばれている胴体の底部部分に刃を入れ、取り外します。

今度は胴体の空洞になった部分に親指を差し込み、表部分と裏を分離。そしてスプーンなどを使い、肩肉部分にへばりついているカニ味噌を甲羅へ移動させます。

こうすると甲羅が器になるので、カニ味噌が食べやすくなります。

次に「ガニ」(ズワイガニのエラ部分)をハサミで取り除き、肩肉を半分に。そしてハサミを縦に入れて水平に切ります。さらに足の付根を少しだけ切ると、食べる時に身が取り出しやすくなります。

肩肉はカニ玉やチャーハンの具にするのもよし、カニ味噌にあえるのもよし——。自由に使って構いません。

カニ味噌はそのまま食べる人が多いでしょうが、日本酒を加えて「甲羅酒」にするのも通らしくていいでしょう。

次に脚肉を処理します。殻をむきやすくするため、脚の関節を3つに切ります。そして脚を立たせた上で包丁を真ん中に入れ、垂直に切れ目を作ります。さらに逆に立たせて切れ目を広げ、2つに分離。こうしておけば、肉が食べやすくなります。

続いてナンバンと呼ばれる爪先につながる部分。爪を切り、脚肉の時と同じように包丁を真ん中に入れ、さらに逆の方向から切って2つに分けます。

最後に残ったのが爪。関節部分を切り離して、ハサミで片側を切っていきます。この部位はかなり硬いので、怪我しないように注意しましょう。関節部分のそばまで切ったら、別の所を同様に処理します。そしてその2つをつなげ、殻を切り取ります。

爪先も同様の処理をし、肉を残しながら殻を切り取ります。

コツさえつかめば処理は簡単。ぜひ動画を参考にして下さい。

-かに本舗

Copyright© 『かに本舗の口コミまとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.