かに本舗

かに本舗のカニの食べ方

更新日:

評判になっている

かに本舗の「生本ずわい『かにしゃぶ』むき身満足セット1.3キロ超」を試食

ネット通販で評判になっているかに本舗。ロシア産カニが多いなか、ここのカニはアラスカ産で、味がほかの通販商品とはまるで違うとか——。

「美味しい」「家族でペロリと平らげました」などの口コミを読んで興味を持ったので、さっそく商品を取り寄せてみました。

選んだのは、一番人気だという「生本ずわい『かにしゃぶ』むき身満足セット1.3キロ超」。

注文するとすぐに段ボールと発泡スチロールで梱包された商品が届きました。ヤマト運輸のクール便です。

この「1.3キロ超」は2パックがセットになっています。1パックは約650グラム。これで2人分のカニ鍋が2回できます。つまり、4〜5人家族の場合は「1.3キロ超」で2回分のカニ鍋ができるというわけです。さすがに量があり、数えるのが面倒になるほどカニがいくつも入っています。冷蔵庫の冷凍庫下段1つ分がこれでいっぱいになりました。

なお、商品や会社について詳しく書かれたパンフレットが同梱されていました。注文金額が分かってしまう明細書などは入っていません。これなら手軽に贈答品としても利用できそうです。

さっそく試食。まず鍋で食べることにしました。最初に解凍のため、10〜15分流水の中で洗います。カニ足は、最も長いものはだいたい500mlの缶ビール1本と同じくらいの長さでしょうか。

説明書を読むと「表面が柔らかくなったら、中がまだ固い半解凍状態でも大丈夫」とのことですが、解凍の加減が意外に難しいようです。

パックに適当な穴を開け、そこから水を入れて溶かす方法もありますが、これだと解凍の状態にむらができるのでおすすめできません。

1番いいのは、水の切れる大きいザル状の容器に入れて、水を流して一気に解凍する方法でしょう。

本ずわいのむき身は氷の膜(グレーズと呼ばれます)でおおわれています。流水でそのグレーズを除きながら溶かしていきます。

大事なのは、ここでグレーズをしっかり除去すること。そうしないと、むき身が確かに解凍されているのかどうか分かりにくくなります。

また、グレーズは塩辛く、残っているとカニの味が台なしになることも——。もし溶かしたカニに塩気が残っているようなら、再び水につけてしっかりと塩抜きをしましょう。

うっかり解凍しすぎたとしても、カニ鍋にしたときは問題なくいただけたので大丈夫です。

カニは手づかみで食べることになるので、お手ふきなどを用意しておくのが良いでしょう。

カニ鍋でカニ身を食べ終えた感想ですが、冷凍によくある水くささは感じませんでした。口に入れた時の肉厚な食感、噛みしめた時ににじみ出てくるカニ肉汁は格別です。

安物の冷凍カニ身は端がスカスカのこともよくあるのですが、かに本舗のカニは端まで身がしっかりと詰まっていて、食べ応えがあります。

むき身ということで面倒な思いをしながら殻を除く手間がいりませんし、解凍処理さえ終わればいつでもすぐ食べられるので、せっかちな人にもおすすめできます。

普通、カニ1パイを注文してもカニ爪がほんの2個だけだったり、足だけだったりしますが、かに本舗のカニはカニ爪もいっぱいです。おかげで濃厚そのものの味を何度も味わうことができます。

カニの肩肉にも旨味が隠されていて、大変良いだし汁が出ます。鍋にカニを投入するたびにだしがドンドン濃くなるので、1回目のカニ鍋よりも2回目の方がさらに美味に。

また、カニしゃぶもおすすめ。冷凍ガニなので身が少々冷たいのですが、甘みも旨みも十分でとても美味しくいただけます。

-かに本舗

Copyright© 『かに本舗の口コミまとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.